あなたは大丈夫?口臭を治して印象を改善!

臭くて鼻をふさぐ女性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 254

はじめに

もし営業マンが、嫌な口臭をプンプンさせていたら、貴方はその人から商品やサービスを購入したいと思いますか?恐らく、多くの人はNOと答えるでしょう。

どれほど魅力的な商品を扱っていても、そもそも話を聞く気にさせられないなら営業マンとしては失格です。

でも口臭は意外にも、自分ではなかなか気づけないんです。今回は口臭の原因と対策についてご紹介します。

日本は口臭大国だった!?

実は、日本人の10人に1人は酷い口臭を持っているんだとか。確かに「えっ、この人すごく臭い!」って方、割と頻繁に会うような気も……。

オーラルケアはして当然の欧米諸国とは違い、日本は口臭治療後進国。面と向かって「貴方は臭いです」とは言えないお国柄もあって、自分の口臭には気付きづらく、とことん鈍感です。

自分の口臭をチェックするのに、一番簡単な方法はマスクをしてみること。新品のマスクなのに変な臭いだったら、残念ながら臭ってるのは貴方の息かもしれません。

舌苔は優しくお掃除を

口臭の原因としてメジャーなところは、舌苔(ぜつたい)、歯垢、そして歯周病です。歯槽膿漏などの歯周病が原因の場合は、口臭の自覚がある方も多いでしょう。素直に歯科にかかるのが一番です。

他の原因、舌苔(ぜつたい)についてですが、そもそも何のこと?を首を傾げられる方も多いかもしれません。舌を出して鏡を見て、妙に白っぽい時がありますよね。それが舌苔(ぜつたい)です。

舌(した)の苔(コケ)と書いて(ぜつたい)と読みます。舌の角質に細菌や汚れが溜まったものだと考えると、口臭の原因だというのも納得です。

 

だからといってやたらに舌苔を綺麗に取ればいいわけではありません。1日に1度、舌ブラシなど専用の道具で優しく撫でるように取りましょう。

舌苔は胃炎など、消化器系の疾患が原因のことがありますので、あまりに続くようなら病院に相談しましょう。

磨いていても意外と汚い歯

次に歯垢です。歯磨きならしているけど……と思っても、実は歯ブラシだけでは歯垢を落としきるのは大変です。

PMTC など、歯科で専門のクリーニングを行ってくれる場合もありますが、頻繁にできるものではありません。そこで有効なのがデンタルフロス。いわゆる糸ようじです。

プロによる歯のクリーニング【PMTC】で虫歯を予防する

2016.08.06

予防歯科が日本とは比べものにならないくらい発展しているアメリカでは、デンタルフロスは必需品とされるほど。実際、使ってみると「こんなに歯垢が残っていたの?」と衝撃を受けるはずです。

マウスウォッシュと併用すれば、更に効果的になりますね。昼休みにさりげなく使っておけば、午後も爽やかな息で過ごせるかも知れません。

日本でも認知され始めた口臭治療

今回ご紹介した方法は、あくまで自分でもできる対処方法であって、治療法ではありません。口臭の原因には様々なものがあります。改善されないようなら、医療機関に相談してみましょう。

ちなみに日本でも口臭治療の第一人者であるほんだ歯科が考案した、ほんだ式口臭治療法が普及し始めています。

口臭自体は日本では疾患という扱いにならないので、自費治療になってしまいますが、内科的要因も含めて口臭の原因を調べ、根本から治療する方法です。

口臭を改善する意識が高まれば、今後、保険適用で口臭治療を受けることが出来るかも知れませんね。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です