夏の疲れを入浴でスッキリさせる方法

社訓を示す男性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 235

夏はシャワーで済ませたいけれど?

毎日暑くて、帰った頃には汗でベタベタ……早くお風呂でスッキリしたいですよね。

でも、湯上り後まで汗だくになるのが嫌で、ぬるめのシャワーを浴びてササッと済ませてはいませんか?

実はこれ、むしろ NG な習慣なんです。夏だからこそ、お風呂でのリフレッシュが必要な理由をお話しします。

お風呂で隠れた冷えを克服

自分としては暑く感じていても、意外に身体は冷えています。外は暑いですが、屋内は冷房が効いていますからね。

特に女性ですと冷房で冷え性になる方も多いです。冷房で冷やされていると、自律神経の働きが悪くなってしまうのをご存じですか?入浴には自律神経を回復させる効果があります。

女性に多い自律神経失調症!気になる症状となりやすい人3つの特徴

2016.08.02

今日は外回りで足がパンパンだ……という肉体の疲れには、熱めのお風呂で短めにスッキリと、とにかくだるくてやる気が出ない時はぬるめのお風呂にゆっくり入ってリラックスしましょう。

シャワーだけだと意外な弊害が

シャワーで済ませることでも、さっぱり感は得ることができます。

でも、何だか最近寝汗のべとつきや、昼間に汗をかいてしまった後の臭いが気になっていたりしませんか?シャツの汗ジミも気になりますよね。

実は、健康的な方の汗はさほどベタつかないものなんです。入浴後に汗をかいても、乾くとさらりとしますよね。それは汗で老廃物をきちんと出して、体内の塩分やミネラルのバランスがとれているからです。

シャワーではこうはいきません。実際、シャワー中心の欧米人の方が、お風呂好きの日本人よりも体臭がキツい傾向にあります。

半身浴で夏バテ予防

どうしてもお風呂後のじっとりが嫌だ!という方にオススメの入浴法は半身浴です。

心臓より下くらいまで湯船に浸かって、ぬるめのお風呂にじっくり入る方法です。上半身が出ますから、火照る感じはなく、じんわり温まります。

クール系の入浴剤やハッカ油を利用すれば、上がった後も汗がひきやすくなります。ひんやりしていても、身体はちゃんと温まっています。

 

体温が下がるにつれて人は寝入りやすくなりますから、半身浴は熱帯夜の不眠対策にも有効です。

寝苦しい日が続いたら、あえて長風呂をしておくと良いかもしれませんね。冷房によって冷やされた身体を温め、睡眠をとることで夏バテを予防できます。

お風呂を生活の楽しみに

暑い日々が続くと、どうしてもお風呂に入るまでの工程が面倒になってしまうものです。

人は楽しくないと思っていることはなかなか続かないものですから、お風呂を楽しみにできる工夫をするといいですね。

スマホやタブレットを防滴ケースに入れて持ち込み、趣味の読書やテレビを楽しむ時間にしてみるのも手です。

まずは週末だけ、時間に余裕がある時だけでも、少し長風呂を楽しんでみて下さいね。

 

自宅でできる暑さ対策 はこちらから

暑さ対策で夏を乗り切る!自宅でできる簡単な方法

2016.06.24

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です