貧乏から抜け出せない原因はお金の使い方にあった

びっくりしている女の子

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 424

お金にだらしがない人は、注意しても一生治らない

毎日のお金の使い方にはかなり厳しく制限しているのに、いつも月末になると厳しくなってしまう。

夫にお金の使い方について相談してみた所、自分に内緒で預金を使っていた!?奥さんがしっかり家計を預かっている筈だったのですが……

預金通帳の名義が旦那さんだった事が敗因で、預金を勝手に引き出されていた。このようなケースはかなり多いようです。

では、一体どうすれば、この悪循環の状態を抜け出せる様になるのでしょうか?

1. 給料が振り込まれたら、すぐに自分の口座に移す

少々荒業な気もしますが、勝手に口座から預金を引き出して好きな事に使ってしまわない様にするには、この方法が一番手っ取り早いと思います。

ただ、この口座から保険料だったり電気・水道・ガス料金の引き落としをしている場合は、引き落としが終わるまではお金の移動ができません。

できれば、別の口座から引き落とす様に設定を変えるか、あるいは、給料の振込先自体を変更すると言う手もあるかも知れません。

いずれにせよ、勝手に口座から預金を引き出されるのを阻止する為なので、手続きが面倒かも知れませんが、ガツンとやってしまった方が良いです。

2. 給料が振り込まれたら、すぐに全額引き出しておく

これは口座に移動する事無く、手元に引き出しておくパターンになります。この方法だとお金の使い道や、どれ位のお金が毎月必要なのか?を可視化する事が出来ます。

それに、旦那さんが毎月どれだけのお金を無駄にして来たのかを突き付けやすいので、いったん全額引き出して、毎月使うお金の実態をあらわにする事も重要かも知れません。

 

とにかく無駄遣いをしている金額を確実に知る事が重要なので、毎月使っている金額の可視化をする事で、他にも問題が出てくるかも知れません。

今はまだウチの家計は大丈夫だ?と思っていても、何かしらの落とし穴がある可能性があります。

機会がありましたら一度、毎月使っているお金の流れを可視化する事をお勧めします。

お金を貯めたいけど、何から始めたらいいのか?

毎月家計が火の車!と言う家庭の方が、急に貯金できるはずも無いので、何かしらの対策を講じる必要があります。

副業したり、パートに出かけたりするのも良いでしょう。しかし、それ以前にやる事があるのですが、それを出来ていない家庭が非常に多いのです。

では、どうやったら、今の家計の現状から抜け出すことが出来るのでしょうか?

1. 無駄遣いの元凶~コンビニでの買い物をやめる

ちょっとお菓子が食べたくなったり、飲み物を買って来よう!となった時に、ついついコンビニで買い物をしている人が多いです。

実際の所、コンビニで販売されている商品のほとんどが値引きされていない、希望小売り価格で販売されています。

つまり、純粋に商品の仕入れ価格を抜いた金額を、コンビニが丸儲けしている事になるのです。

 

これをスーパーなどはコンビニよりも大量に仕入れる事で、仕入れ単価を抑えて、かつ本来の儲けになる金額を下げる事により、販売価格を値下げしているのです。

なので、コンビニで税込108円で販売されているスナック菓子が、スーパーでは税込88円で売られている背景にはそう言った企業努力がある事を知っておいて下さい。

この20円の価格差がもたらすものは、その時1回だけなら小さいモノかも知れません。

しかし、毎日の買い物だったり、ちょっとの買い物の回数を積もらせていくと、年間の無駄遣いの金額はかなりのモノになると思われるのです。

2. 毎月の買い物の金額を決める

とても基本的な事ですが、あまり守られず、給料が入った直後に財布のひもが緩んで、ついつい衝動買いしてしまったりする人が多いという現状があります。

現に、冒頭で例として挙げた家庭の奥さんは、毎月決まった額しか使わない様にしていたのに、旦那さんが勝手に預金を下ろして使っています。

 

今月はいくらまでと決めていたとしても、そこに落とし穴が存在していた!と言う事になるのです。

また、江戸っ子は宵越しの金は持たない~と言う言葉にあるように、何かの用事や友達と遊びに行く際に、財布に入れる金額も、決まった額にしておくのがベストです。

財布にお金が入っているだけ使ってしまう!と言う人が結構多いので、宵越しの金つまり無駄遣いしてしまいそうな金額を、持ち歩かないように習慣付ける事が大事だと思います。

3. 無駄なお金を使わない様に生活をする

無駄なお金を使い続けていると、いっこうに貯金はできません。

その、スナック菓子を1個買うのを止めて、貯金箱に入れて行くだけで1日100円、1年間で36500円も貯める事が出来るのです。

10年後には36万5千円です。ばかにならない金額ですよね?

まとめ

こうやって、コツコツと無駄遣いをするのを止めて行くだけで、いつの間にかお金が貯まっている状況に自然と繋がります。

今日から是非、今まで無駄遣いしていた買い物を止めて、貯金箱に貯金する所から始めてみましょう。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です