すでに30代から始まっている?気になる加齢臭の改善法

女性に避けられる男性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 254

加齢臭は30代から始まる

まだまだ加齢臭を気にするほどの年齢じゃないし、大丈夫。

そう思ってはいませんか?実は、早い人では30代からすでに臭いはじめてしまいます。

臭いオヤジにならないためには、生活習慣の改善が必要です。加齢臭を予防・改善するにはどうすればよいのでしょうか?

基本は食事から

実は加齢臭は女性にも存在します。女性の方が普段から臭いを気にして対策する方が多いですし、体型を気にして油モノを控える傾向にありますので、結果的に臭いが控えめな方が多くなります。

そう、加齢臭の要因として、肉脂の多い食事があるんです。そもそも加齢臭の原因の大半は、皮脂の酸化です。

その皮脂は身体から出てくるわけですから、毎日油モノをたっぷり食べていたら皮脂もたくさん……。肉は控えるか、なるべく赤身にして、揚げ物も極力我慢し、ジャンクな食事もほどほどにしましょう。

また、抗酸化作用があるビタミンたっぷりの緑黄野菜を取るのも重要です。

清潔さを保つ

基本中の基本ですが、清潔に保つことは重要です。耳の後ろ、襟足から首元、肩から背中は毎日清潔にしましょう。といっても、ゴシゴシ洗えばいいと言う訳ではありません。

皮膚にダメージがいかないよう、優しく丁寧に洗って下さい。なるべくシャワーで済まさず、きちんと湯船に浸かるのがベストです。

今はメンズ用の汗拭きシート、制汗剤もたくさんありますから、エチケットと思ってカバンの中に入れておきましょう。

 

特に30代の、比較的若いうちの加齢臭によくあるのが頭からの臭い。頭って意外に汗をかいていますし、皮脂もたくさん分泌されています。

疲れていて面倒くさくても、なるべく毎日髪は洗いましょう。もちろん、枕カバーもきちんと定期的に洗濯・交換して下さい。

ストレスと睡眠不足で臭くなる?

食べ物と清潔さが重要なのは、何となくわかっていた方が多いかもしれませんが、更に、ストレスと睡眠不足もにおいの原因になってしまうのです。

皮脂を酸化させる物質は活性酸素。この体内で悪さをする活性酸素が、ストレスや睡眠不足で増えてしまうのです。

 

飲酒や喫煙も、本人はストレス発散のつもりでも、身体には影響が出ます。

タバコはそれ自体が、強い臭いが染みついてしまうものです。アルコールは寝つきを良くするようで、実は喉の渇きを促し、眠りを浅くします。

お酒のお供はこってりとした油モノや、濃い味付けのものが多いですから、控えた方がいいでしょう。質の良い睡眠を心がければ、自然とストレスは軽減し、体内の活性酸素も減っていくはずです。

疲れを取りたい!睡眠を効率的にとるための秘訣

2016.06.23

誰でも簡単にできる!安眠を手に入れるための9つの方法

2016.08.22

加齢臭は不健康のシグナル

こうして見ると、加齢臭の原因の多くが生活習慣から来ていることが分かります。

若い頃は平気だったその習慣を、この機会に少し考え直してみるといいかも知れません。

付き合いもありますから、急に習慣を改めるのは大変かも知れませんが、それなら、帰りの電車で一駅前で降りて、少し小走りに帰って見るのはいかがでしょうか。

運動で汗をかくと老廃物も排出されます。普段から汗をかいて、老廃物を身体から出しておけば、臭いもしづらくなります。

ちょっとした工夫で加齢臭は改善ができます。ぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です