胃がん患者の約80%以上がピロリ菌に感染していた?

驚く女性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 218

はじめに

生活習慣病の中でも、特にがんを気にされている方は多いのではないでしょうか?

健康管理に気を使っている方なら、きっとがんの定期検診を受けていますよね。特に死因として多いのは、肺がん、胃がん、大腸がんです。

この3つのがんは男女別でもそれぞれトップ3に入っていますので、日本人にとっては国民病ともいえるでしょう。

しかし、日々がんの研究が進んでいますので、最近では治療法はもちろん、原因の解明や予防方法も考案されつつあります。

胃がんの原因はピロリ菌だった

今回は胃がんについてお話しします。胃がんは男性のがん死因2位です。

現代社会人は何かと胃を悪くしやすい環境ですから、原因は気になりますよね。胃がんの原因として、ヘリコバクター・ピロリ菌があげられます。

単純にピロリ菌と呼ばれることが多いですね。最近、メディアに取り上げられる機会も増えていますので、ご存じの方も多いでしょう。

WHOにもタバコと同等の発がん要因として認定されています。実に胃がん患者の約80%以上がピロリ菌の感染者なのです。

日本人の2人に1人が感染?

この胃がん原因となるピロリ菌ですが、日本人の2人に1人は感染しており、特に中高年は保菌率が高いと言われています。

感染経路ははっきりと解明されていませんが、衛生状態の悪さや水道設備が要因としてあげられます。中高年に多いのは、戦後は今の日本より、ずっと衛生環境が良くなかったせいでしょう。

ピロリ菌に感染しても、病気を発症するのはわずか5%です。しかし、この菌は胃がんだけではなく、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、様々な病気の原因にもなります。

特に萎縮性胃炎と診断されたことがある方は、一度ピロリ菌の検査をしてみた方が良いかも知れません。

ピロリ菌に打ち勝つには

ピロリ菌は非常に強い菌で、高い酸性をもつ胃酸を避け、胃の粘膜に潜り込む形で住みつきます。しかし、対処法がないわけではありません。

ピロリ菌は、胃酸を抑える薬と、抗生物質を組み合わせることで、除菌することが可能です。日本では、特定の胃の病気を発症した場合以外では、ピロリ菌除菌には保険が適用されません。

しかし、逆に言えば自費治療でなら、胃の病気になる前の予防除菌が可能ということです。今後、胃の病気にかかるリスクがぐっと減ることを考えると、必要な投資でもあります。

まとめ

いかがでしたか?前述した通り、ピロリ菌に感染した方全てが病気になるわけではありません。胃腸の疾患には、ピロリ菌だけではなく、ストレスや食生活も影響します。

胃に負担をかけないライフスタイルを築くことで、ピロリ菌のリスクも減らすことができるでしょう。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です