温かい飲み物なら何でもいい?冬の冷え性対策に最適な飲み物とは?

ジンジャーティー

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 231

はじめに

秋から冬にかけて気温はだんだんと下がっていきます。この時期、冷え性の方はとてもつらいですよね。

少しでも温まりたいと思って、温かい飲み物を用意する方も多いでしょう。でも、ホットドリンクを飲んでもその時だけで、すぐにまた冷えてしまってはいませんか?

実は冷え性対策には、飲み物の選び方も重要なのです。ここでは、冷え性対策に最適な飲み物をご紹介します。

ホットで飲んでも冷えてしまう

飲み物の中には、身体を冷やす作用を持っているものがあります。 そういった飲み物を選んでいたら、何杯 HOT で飲んでも身体はいっこうに温まりません。

コーヒーは南国原産ということもあって、身体を冷やす効果があります。また、緑茶もよくありません。

意外なところですと、牛乳もよくないのです。寒い日のホットミルクは温まりそうですが、逆に冷えやすくなってしまいます。

お湯割で飲む焼酎やウィスキーも、実は身体を冷やすので冷え性の方は避けた方が良いでしょう。

冷えない飲み物の選び方

では、冷えないで済む飲み物にはどんなものがあるのでしょうか?緑茶は冷える飲み物ですが、実はお茶は発酵することで身体を温める飲み物に変わります。

ですから、紅茶やウーロン茶などの発酵茶はOKです。また、生姜には身体を温める効果があります。

生姜湯やスープなどで飲むのはもちろん、スパイスティーとして紅茶と合わせるのもおすすめです。

ココアも血流を良くする効果がありますので、冷え性対策に良い飲み物です。お酒ですとポリフェノールの豊富な赤ワインをホットにして飲むのがおすすめです。

食卓に温かいスープをプラス

ホットドリンクだけではなく、食事のメニューにも温かい飲み物を加えてみましょう。具沢山のスープは栄養もたっぷり摂れます。

ネギなどの香味野菜、そして根菜類のお味噌汁は身体を温める効果も、栄養価もばっちりです。

また、ハムやソーセージなどの加工肉、豚肉や鶏肉、卵やチーズなども温まる食材です。豚汁や卵スープ、ポトフなどはおすすめです。

ただし、お肉や卵は血流は悪くしてしまいますので、あまり食べ過ぎないことがポイントです。

効果的に飲んで冬を乗り切ろう

温かい飲み物も、選び方次第では思うような効果が得られません。普段何気なく飲んでいるものが、本当に温まる飲み物なのかどうかをチェックしてみて下さいね。

飲むタイミングは、1日の始まりである朝や、温め効果を高めるお風呂の前、そして寝る前がおすすめです。

特に寝る前には身体が冷え切っていると、睡眠効率も下がってしまいます。

温かい飲み物飲んで、リラックスしてから眠れば翌朝スッキリ目覚められますよ。

男性の末端冷え性を改善させる5つの方法

2016.09.17

冬の冷え性対策は万全ですか?

2016.10.13

冷え性対策は食べ物でできる?冷えやすい身体に最適な食べ物は?

2016.10.17

冷え性を改善するには適切な運動が必要!その方法とは?

2016.10.19

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です