あなたはひな祭りの由来を知っていますか?

ひな人形

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 233

はじめに

3月3日はひな祭りです。

日本人なら誰もが知っている、ひな人形を飾って女の子の成長と健康、幸福を祈るお祝いの日です。

でも、何気なくひな人形を毎年飾っていても、どうしてこういうお祭りになったのかは、意外と知らなかったりしますよね。

ここではひな祭りの由来についてお話しします。

ひな祭りの原型とは?

ひな祭りは、別名「桃の節句」。

現代日本では桃の花には少し早いのですが、旧暦だった昔の3月3日は、ちょうど桃の花が咲く頃になります。

由来には2つの説があり、その1つが「流し雛」です。

これは現代でも日本各地で受け継がれていますので、ご存知の方も多いでしょう。

平安時代の頃に紙でできた人形を川に流して、穢(けが)れ払いをする風習が、後にひな祭りとなったという説です。

もうひとつが、こちらも平安時代の起源の「ひいな遊び」です。

平安貴族の女の子たちは、紙の人形を使っておままごと遊びをしていました。

このおままごとがひな祭りの起源となった説です。

どちらかが由来というよりは、どちらともが合わさってできた祭りと言うべきかも知れませんね。

今のひな祭りになったのは江戸時代?

江戸時代

前述の通り、ひな祭りの起源は平安時代まで遡ります。

実際に「源氏物語」や「枕草子」でも記述があるほどなのです。お人形も平安貴族風ですね。

実は、3月3日という日付が決まったのは平安時代ではなく、室町時代の頃と言われています。

それまでは、3月上旬、主に巳(み)の日に行われるものでした。

これは流し雛の風習が中国「上巳の節句」を元にしたものであるためと考えられます。

今のような、ひな人形を飾って祝うお祭りになったのは、江戸時代初期のことでした。

平安時代からあることを考えると、意外とつい最近のことのように思えますね。

桃の花にも意味がある?

ひな祭りは、旧暦では桃が花咲く時期に行われていたわけですが、

ただ見頃だったから、桃の花を飾っていたわけではないようです。

ひな祭りの元が、中国の風習によるものだということは、先ほど書いたとおりです。

そして、桃の花は中国では魔除けの力があるものとされているのです。

桃の花は飾るだけではなく、花びらをお酒に浮かべて飲んだり、お風呂の湯船に葉を浮かべたりしたそうです。

実際、桃は漢方薬にもよく使われています。健康と成長を願うにはぴったりの花と言えるでしょう。

健やかな成長を祈って

由来を知ってみると、いままで何気なく過ごしていたひな祭りも、特別なものに思えてきますよね。

今では女の子のためのお祭りですが、元々は無病息災(むびょうそくさい)を願うためのものです。

ひな人形を飾って、甘酒やひなあられを食べるだけではなく、桃の花を飾りながら子供が健やかに育つことを祈ってみてはいかがでしょうか。

ひなまつりの食べ物に隠された意外な意味とは?

2016.12.12

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です