簡単に続けられる!健康のために実行したい3つの習慣

森林浴

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 42

はじめに

あなたは、健康のために毎日続けていることはありますか?健康になるために、テレビ・雑誌・ネットの情報を見て色々と試してみても、結局どれも続かない!なんて事ありませんか?

忙しい生活の中で、新しいことを取り入れ持続させるのは至難の技です。そこで今回は、ちょっとした時間で出来る「毎日の習慣で健康管理する方法」をご紹介します。

 

健康を管理するには、自分に合った方法を継続して行うことが必要です。そして継続するには、無意識に生活の中で実行できるように「習慣化」する事がコツです。

これから紹介する健康管理の方法は「朝・昼・夜」生活リズムに沿って実践できるので、健康管理が簡単にできます。ぜひ、今日から実践してみて下さい。

健康習慣その1:起きたらコップ1杯の水を飲む

水を飲む女性

朝起きてから、あなたが最初に行う行動は何ですか?トイレに行く、カーテンを開ける、テレビの電源を入れる等々、この行動の中に「水を飲む」習慣を取り入れましょう。

たったこれだけで、朝の健康管理が簡単にできます。

水を飲む効果

  • 夜に失われた水分を補充し、血流が良くなる
  • 胃腸が活性化し、お通じがよくなる
  • 自律神経を刺激し整えることで、脳や体が目覚める

水を飲む方法

朝起きたらすぐにコップ一杯の水(200ml〜300ml)を飲む

水を飲むポイント

水は常温か白湯(ぬるま湯)が最適です。朝、たった30秒程あれば出来ますし、この習慣を取り入れるだけで、体質の改善が期待できます。

注意点としては、就寝中に口内に細菌が繁殖するので、飲む前にはうがいをするか、歯を磨きましょう。

健康習慣その2:深呼吸と伸びをする

伸びをする女性

日中、仕事や家事・育児の合間に簡単にできる「深呼吸」と「伸び」をしてみましょう。

深呼吸と伸びの効果

  • 意識して腹式呼吸で行うことで「酸素」を体内に行き渡らせ、体の疲労を回復させる
  • 脳内でセロトニンが分泌されリラックスし、精神疲労を和らげる

深呼吸と伸びの方法

  1. まず、肺の空気が抜け切るまでゆっくりと深く息を吐く
  2. 腹と肺いっぱいに吸うイメージで、鼻で息を吸う
  3. 10秒以上の時間をかけて、ゆっくりと口から息を吐き出す
  4. 最後に「伸び」をする・・・頭を天に引っ張られているイメージで

腕・肩甲骨・その他の関節を意識して伸びをする

深呼吸と伸びのポイント

無理をせず、自分が「気持ちいい」と感じる範囲で行うことが良いでしょう。

「お昼ご飯の前」や「休憩の後」、「午後の仕事を始める前」など、決まったタイミングで行うと習慣化しやすいです。

健康習慣その3:寝る前に瞑想を行う

瞑想する女性

健康管理や創造力開発の方法として今、世界のビジネスパーソンから注目されている「瞑想」google などの大企業や、故スティーブジョブズ その他、世界の名立たる著名人が、健康管理の方法として取り入れていることは有名です。

「瞑想ってどうやってやるの?」「忙しくてそんな時間ないな・・・」そんなあなたの生活に取り入れるには、夜寝る前に行うことが最適です。

瞑想を行うと、リラックス時に発生する α(アルファ)波や、うとうとしている時に発生する θ(シータ)波が増加すると言われていますので、睡眠に関しても良い効果が期待できます。

瞑想の効果

  • ストレスが解消される・ストレスをコントロールできる
  • 寝る前に行うことでリラックスした状態になり入眠しやすい
  • 質の良い睡眠になり、その結果として朝の目覚めが良くなる

瞑想の方法

  1. 楽な姿勢であぐらをかいて座る(椅子に座ったり、横になってもOK )
  2. 手をお腹の前で組み、口を軽く開け、全身の力を抜く
  3. 深く4秒かけて息を吸い、4秒息を止める
  4. 口からゆっくりと息を吐く

瞑想のポイント

健康を目的とした瞑想では、呼吸に意識を集中させて行うと良いでしょう。脳を休ませることが大切です。完璧な瞑想を行う必要はありません。

まとめ

ここまで、簡単にできる「毎日の習慣で健康管理する方法」を紹介して参りましたがいかがでしたか?紹介した3つの健康法を、朝・昼・夜と決まったタイミングで行い、毎日続けてみて下さい。

健康な体は、「健康的な生活」がつくります。負担にならないように、習慣化して続けることが健康管理の第一歩です。また、健康管理として欠かせない要素が、「栄養バランスが良い適量の食事」です。

難しく考えず、シンプルに「野菜を中心とした腹八分目までの食事」を心がけることが、毎日を楽しく健康に過ごすコツです。あまり気負わず、自分の心身が喜ぶ食事と習慣で、楽しく健康管理を続けていきましょう。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です