誰もが経験するあの痛み!足がつる原因と対処法とは

足がつる女性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 239

はじめに

寝ているときに突然足がつって、痛みのあまりに飛び起きてしまった経験はありませんか?

慣れない靴で歩き回った時も、足がつることがありますよね。誰もが一度は経験するのに、意外と原因は知られていません。

足がつるのはどういう仕組みなのか、対処法はどうすればいいのか、考えてみましょう。

原因はビタミン・ミネラルが不足?

足がつるのは、運動神経に異常がおこり、筋肉が収縮・痙攣(けいれん)を起こしている状態です。ふくらはぎに起こりやすいですが、足の裏、足の指などもつることがあります。

実ははっきりとした原因はいまだに解明されてはいません。しかし、体内のミネラルバランスの崩れと、ビタミン不足が要因のひとつであると考えられています。

ミネラルは特にカルシウムとマグネシウム、ビタミンはB1の欠乏が要因となります。また、筋肉の疲労、冷え性や水分不足でも足がつりやすくなります。

すぐに治る適切な対処とは?

1. 歩いて痛みを和らげる

ふくらはぎのつりを手っ取り早く治すには、思い切って立って歩くのが近道です。しかし実際、痛くてたまらない時に立ち上がって歩き始めるなんて無理ですよね!

歩くことで痛みが和らぐのは、縮んでしまった筋肉を元に戻す方向に力が働くからです。つまり、そういう風に動かせば良いのです。

2. ストレッチをする

歩くのが辛い場合はストレッチを行います。足をまずまっすぐに伸ばし、足の指先を自分の方に向けて倒すように引っ張りましょう。

この状態を数秒キープし、そしてゆっくりと戻します。これを痛みが消えるまで繰り返すだけです。簡単ですよね。この時、アキレス腱を伸ばすことを意識すると良いでしょう。

足がつることを予防するには?

1. 運動をする

足がつりやすい体質から脱却するには、運動不足の解消が不可欠です。足の筋力が落ちないよう、普段から少し多めに歩くようにしましょう。

冷えが原因となりやすいため、なるべく下半身を冷やさないことも重要です。

2. ミネラルを摂取する

栄養管理も重要になります。特にカルシウム、マグネシウムは普段から不足しがちな栄養素ですので、意識して摂取した方が良いでしょう。

身体の中の電解質のバランスを整えることが大切です。

3. ビタミンB1を摂取する

ビタミンB1は肉や豆類、緑黄色野菜などに多く含まれますが、ここで注意すべきなのはビタミンB1が水溶性だということです。

茹でると当然溶け出しますし、水で洗いすぎても栄養素が減ってしまいます。スープやスムージーなど、なるべく丸ごと摂取できる方法を考えましょう。

足がつるのは身体のサイン?

足がつりやすいのは、若い人よりも高齢者の方が多いです。老化の一種と考えると「ちょっと本気で改善しないとな」と思いますね。

あまりにも繰り返し足がつる場合には、病気が原因の可能性がありますので病院にかかってみた方がいいでしょう。ですが、基本的にはそれほど心配するものではありません。

比較的予防のハードルも低めですので、少しの運動とサプリなどで栄養状態を改善してみて下さいね。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です