ミドルエイジクライシスを回避するには?ならない為にすべきこと

本を読む中年男性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 245

ミドルエイジクライシスとは?

ミドルエイジクライシスは家庭を持ち、仕事でも中間管理職を任されるようになった男性に多く見られる、中高年期特有のうつ病や不安障害のことです。

かつては40代以降の方が多かったのですが、最近ではだんだんと若年化が進んで行き、30代でもよく見られるようになってきています。

板挟みになる苦悩

今の30代は中間管理職を任されている人が多いでしょう。

かつての中間管理職は、いずれ下の世代が育ってある程度仕事が楽になっていったのですが、今は不況の影響もあって、20代の正社員率が下がっています。

 

非正規雇用が多いので、サポートをしてもらえる人員がなかなか育たず責任は重くなる。一方、上司からのパワハラにも悩み、自分の昇進は不透明なまま。

将来の見えない板挟みの生活が、本来なら働き盛りのはずの30代を疲弊させているのです。

過労で倒れる前にどこかで休息を作り、効率よくストレスを解消する必要があります。

社会不安が鬱を加速させる

憂鬱

社会情勢が不安定であると、働いている人間にも当然影響が出ます。30代となると、残業続きのハードワークをこなしている方も多いでしょう。

しかし残業代も出ず、常にリストラの不安が付きまとう。子供の将来や学費の心配もして、老後の貯蓄のことも考えると……

 

うつ病や不安障害になってしまうのも仕方がない、厳しい現状がそこにあります。

突然、心が折れて自殺してしまうといったケースが増加しているのは、社会不安が、労働者のストレスと直結している証拠とも言えます。

また、共働きや就労時間の増加による、夫婦のコミュニケーション不足で、家庭内での癒しが得られない状況も、少なからず影響しているでしょう。

ミドルエイジクライシスを回避するには?

では、どうしたらミドルエイジクライシスを回避できるのでしょうか?

ストレスを認識する

その近道が、見落としがちなストレスのサインを自力で見つけることです。簡単でわかりやすいサインとしてあげられるのは、胃腸の不調です。

ストレスで胃炎になった経験がある方は、きっと多いはずです。仕事の時間になると、下痢になる 過敏性腸症候群 や、逆に酷い便秘が続く場合も注意が必要です。

会社に行きたくない!過敏性腸症候群の症状を和らげる方法とは?

2016.06.06

病院に行っても原因がはっきりしない時は、ストレスを疑ってみましょう。

ひどい肩こり・腰痛・頭痛などもストレスのサインのひとつです。慢性的な症状があるのでしたら、改善策を考えておかなければなりません。

ストレスと上手く付き合う

人間は誰しも様々な理由でストレスを抱えています。大切なことは、潰れてしまう前に、上手くストレスを発散する方法を見つける事です。

忙しい日々の中でも自分なりの方法で、「ストレスフリー」になる時間を作ることで、うつのリスクを軽減させる事が出来ます。

決まった時間にコーヒーを飲んで一服する。仕事に詰まったと感じたら少しだけ歩いてくる。

休憩時間も含めた仕事のスケジュールを組むなど、あなたに合った方法で、息抜きをする方法を見つけましょう。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です