日中の強い眠気は病気かも?ナルコレプシーの症状とは

眠気に襲われる男性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 229

日中の眠気に悩んでいませんか?

ナルコレプシー症候群という病気をご存知ですか?

日中でもたまらないほどに眠くなってしまう病気、といったイメージを持っている方がほとんどでしょう。しかし、実際にはその他にも様々な症状があります。

きちんと寝ているのに眠くてたまらない方は、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

睡眠発作

ナルコレプシーの代表的な症状がこの睡眠発作です。十分な睡眠をとっているにも関わらず、昼間に強い眠気の発作を起こします。

疲れを取りたい!睡眠を効率的にとるための秘訣

2016.06.23

誰でも簡単にできる!安眠を手に入れるための9つの方法

2016.08.22

本来なら簡単に眠くならないような会議中、テスト中などの緊張感がある場面でも、突然激しい眠気を催し、眠りに落ちてしまいます。

大抵30分ほどの仮眠で眠気はおさまりますが、しばらくするとまた眠気の発作がやってきます。これが毎日のように繰り返されてしまうのです。

情動脱力発作(カタプレキシー)

もうひとつの代表的な症状が、この情動脱力発作(じょうどうだつりょくほっさ)です。怒り、悲しみ、驚きなど、強く感情を突き動かされた時、急に筋肉から力が抜けてしまう発作です。

誰でもショックを受けて放心することはあるかも知れませんが、情動脱力発作の場合、笑ったり感激したりといったプラスの感情の動きでも発作を起こすのが特徴です。

眠気とは違い、数秒で回復する場合がほとんどです。

入眠時障害

入眠時の症状は主に次の2つがあります。

睡眠麻痺

いわゆる金縛りと呼ばれるものになります。寝入ってすぐは夢を見る浅い眠りであるレム睡眠となります。

しかしナルコレプシー患者は、脳が覚醒に近い状態で身体だけが睡眠に入り、筋肉が弛緩(しかん)する状態になります。その結果「起きているのに身体が動かない」金縛りの状態になってしまうのです。

入眠時幻覚

ナルコレプシーになると、脳が覚醒に近い状態からすぐにレム睡眠に入ってしまいます。

通常ゆっくりと寝入るはずが急に眠りが深くなるので、寝入り端の夢が幻覚のように感じられるのがこの症状です。

金縛りにあって幽霊を見た……という話がホラーではよくありますが、これはナルコレプシーの典型的症状と言えます。

不安に思ったら病院へ

ナルコレプシー症候群は、突然眠り込んでしまうというその症状ゆえに、誤解されやすい病気です。職場で度々眠り込んでしまっては、居眠りをしてサボっていると思われかねません。

また、眠気のせいで重大な事故を起こしてしまう可能性があります。周囲の理解が必要な病気ですので、病院できちんと診断書を作成してもらいましょう。

睡眠時無呼吸症候群など、別の病気が隠れていることもありますので、自己診断は危険です。少しでも気になる症状があるなら、専門医のいる病院で診てもらいましょう。

寝ても疲れが取れない!睡眠時無呼吸症候群の3つの症状と種類

2016.08.14

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です