夏バテ知らず!手間をかけずにすぐ出来る健康料理の作り方

夏バテする子供

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 33

夏の食事には気を付けて!

そうめん

そろそろ本格的に暑くなってきましたよね。梅雨が明ければ夏も本番、蒸し暑い季節になると、ついついおろそかになってしまうのが食事です。

冷たくて、のど越しがよくて、しかも調理が楽なそうめんや、冷麦に頼りたくなってしまう気持ちは分かります。

しかし、もしかしたらそれが夏バテの原因かも知れません。そうめん、冷麦ばかりでは、炭水化物以外をほとんど摂取できません。

暑い季節だからこそ、栄養に気を使った食事をしなければ、すぐに夏バテしてしまうのです。

摂取するべき栄養素を知っておく

一汁三菜

実際、仕事をして疲れて帰ってきた後、しっかりとした料理を作るのは…と思う気持ちは分かります。要するに、栄養不足を解消すればいいわけですから、一汁三菜をきちんと守る必要はありません。

もちろん、守れた方がいいのですが、疲れて食欲が失せてしまってはいけません。夏バテ予防に必要な栄養素は、ビタミン B群、ビタミン C、そして汗をかくことで失われやすいミネラル類です。

ビタミンB 群は豚肉や魚、豆腐や卵、牛乳などに多く含まれています。ビタミン C は言うまでもなく、レモンやグレープフルーツなどの果物類です。

ミネラルや疲労回復効果のある、マグネシウムを積極的に摂取しましょう。こちらも大豆製品や魚介類、そしてほうれんそうにも多く含まれています。

時短でしっかりと栄養を摂る

豚しゃぶサラダ

では、忙しくても、疲れていても、比較的簡単に作れるメニューについてご紹介しましょう。まずは豚しゃぶサラダです。薄切りの豚肉をサラッとゆでて、野菜と合わせるだけです。

ドレッシングににんにくを混ぜると、スタミナがつく硫化アリルも摂取できます。うどんを茹でて冷やしておけば、サラダうどんにもできます。

豚肉は夏場のスタミナ料理には大活躍します。簡単な調理で、バリエーション豊かなメニューを作れます。玉ねぎと軽くタレで炒めて、半熟卵を乗せるだけで、時短豚丼も完成します。

冷奴なども、簡単でかつ、大豆の良質なたんぱく質を摂取できますから、サイドメニューに加えてみると良いでしょう。

外食ではあえて熱いものを

カレーライス

夏場の食事で、もうひとつ気を付けなければいけない点は、冷たいものばかりの食事をしてしまうことです。身体が冷えてしまうと代謝が悪くなり、余計にバテてしまうのです。

特に冷たい飲みものを頻繁に摂取してしまうと、胃酸が薄まり消化機能も衰えてしまいます。家では暑くてとても……という方も、外食の時は、積極的に熱い料理を食べるようにしましょう。汗をかく位でちょうどいいです。

また、スパイスや薬味、レモンやお酢など、酸味のあるものを積極的にとることも、胃腸を刺激して、食欲を増進する効果があるのでおすすめです。

完全に胃腸が弱ってしまった後だと、刺激でかえってお腹を壊してしまいますので、バテる前に食べておきましょう。

カレーライスはお肉や野菜も一緒にとれて、しかもスパイスたっぷりですから、夏にぴったりの食べ物と言えます。

栄養バランスで夏を乗り切る

炭水化物ばかりに偏った食生活や、汗をかくことによるミネラル不足は、数日なら大丈夫かもしれませんが、ずっと続くと夏バテをどんどん悪化させてしまいます。

夏バテにならない方が、仕事の能率が上がることはもちろん、結果的に、趣味の時間も有意義に使えるようになります。

夏バテは、簡単な料理で予防することが出来ます。忙しい日々だからこそ、ほんの少しのプラスワンで、しっかりと栄養を摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です