今、ネット上のビジネスで求められること

ネットビジネス

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 226

はじめに

最近、ネットを利用して個人で仕事をする「フリーランサー」が増えているのをご存知ですか?ネット上に存在するサービスを利用し、法人や個人を問わず、案件の依頼や受付ができるのです。

大手検索サイトのYahoo!もこのサービスを展開していますので、今後、アフィリエイトに変わる副業として、またカテゴライズされない次世代の職種として、さらなる注目を集めるようになるでしょう。

場所に縛られず、いつでも、誰でも、仕事をすることが出来るようになった今、これからのビジネスシーンで、一体どんなことが求められるのでしょうか?

ネット社会で最低限のマナー

むかし、自分の親に「ごめんなさい」と「ありがとう」はしっかり言いなさい。「時間は守りなさい」「挨拶をしなさい」等と言われた記憶はありませんか?

いまさら何をと思われるかも知れません。しかし、これからの社会では、こんな些細なことが出来るかどうか?がビジネスシーンで大きな差を生むことになるのです。

以前は、いくらネット社会とはいえ、人と人が直接会って商談をするのが当たり前でしたが、これからはそんな機会が減ってくるかも知れません。

 

より効率がいい方法を求め、相手がどんな人間であっても、仕事が出来ればいいという考え方が増えてきているからです。

しかし、人間の心理はそれほど簡単な物ではなく、実績の積み重ねができて初めて、それが信頼へと変わっていくのです。

さらに、これからの時代は、取引先の人間がどんな人なのか?と配慮する機会が減ってくるでしょう。ですから、挨拶や「ありがとう」「申し訳ございません」などの一言が、今まで以上に大きな影響を与えます。

ネット社会でしてはいけない事!

いくら、ネットが普及し「インターネット」が生活に深く入り込んできたとしても、操作をするのが人間である限りミスは必ず起こります。

そういった時に、自分の非を認め、改善させる志を持ち、迷惑をかけた相手に、言い訳をしないでいることが必要です。

どんな人でも、ミスをすると言い訳をしたくなります。しかし、それは、誰もが嫌な気分になる事です。日頃からそのような癖がある人は、ネット上のやり取りであっても、同じように言い訳をしてしまいます。

言い訳をしてしまったら、もう後戻りはできません。同じ能力を持つ別の人間に、仕事が回されることになるでしょう。

まとめ

このように、ネット上だけで仕事ができる社会だからこそ、少しでも甘い考えでいると、命取りになってしまうのです。

今回紹介した内容は、必ずしも、未来のビジネスに限ったことでしょうか?これからの社会で、より重視される事なのは間違いありません。

今日のビジネスシーンでも、見ている人は見ているのです。ぜひこの機会に、今の自分の姿を振り返ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です