お金の価値観が違う人との上手な付き合い方

意見が合わず口論になる2人の男性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 153

価値観の違い

いろんな国の紙幣

お金は誰においても、何かを手に入れる為の手段であることには変わりません。

例えば、洋服を買うための手段、食事をするための手段、時計を買うための手段などなど、人によって手に入れる物や、どこにお金をかけるかに違いが出ます。

それが相手と自分の間にギャップがあった時に、『あ~なんかこの人とは、お金の価値観が違うな』と感じるのではないでしょうか?

社会人になると『この人とは価値観が少し違うけど、尊敬できる人だから仲良くなりたい』と思う人との出会いもあると思います。そんな時、上手にお付き合いしていく為には、相手を知ろうとする努力がとても大切です。

好きな理由を探る

ぬいぐるみを右手に持つ男性

自分の尊敬する人や、目指したい人と出会った時に、『この人と仲良くなりたい!』と思っても、自分の持っているものや、身に着けている物のグレードなどで気落ちしてしまう事もあるのではないでしょうか?

相手がどんな洋服を着ているのか、何を大切にしているのか?普段の会話の中から探っていきましょう。

高級ブランド品は沢山ありますが、なぜ相手がそれを好きなのか?という理由を知ることで、自分の持っている物に対する理由というのも考えていくようになります。

例えば名刺入れで「両親からの贈り物だから大切にしている」ということが価値であれば、ブランドの違いは相手にとっても、自分にとっても無意味なものに感じられるようになるでしょう。

欲しい理由を考える

電卓を持つ女性

お金の価値を理解している人には、持っている物に一つ一つに、こだわりがあることが多いです。自分自身に置き換えた時はどうでしょうか?

洋服を買う時を思い出してみると、セールの時期になんとなく見に行って、安いからという理由で、衝動買いしてしまうという事をやっていませんか?

物を買う前に、自分の財布と相談することも大切ですが、自分がなぜそれを欲しいのか?本当に必要な物なのか?も考えてみましょう。

まとめ

お金の価値とは、モノの価値とも密接な関係があります。

好きなブランドがあったとして、なぜそれが好きなのか?きちんと理由を持つ事で、お金の価値・モノの価値が分かる人と付き合えるようになっていきます。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です