年収は関係ない?お金が貯まる人5つの共通点

コインの山

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 531

お金が貯まる人には共通点がある?

自分と同じ給料をもらっているはずなのに、なぜか貯金が多い人がいませんか?

実は、お金が貯まる人にはある共通点があります。それを知るだけでも、今よりお金を貯められるようになります。

お金を貯めたいと考えている人は、ここで紹介する「お金が貯まる5つの共通点」をチェックしてみましょう。一つでもできるようになれば、今よりもお金が貯まると思いますよ。

お金が貯まる人5つの共通点

1. 自炊している

人間が生活する中で、お金が必要になる状況は限られています。その一つが「食事」です。

例えば、ファミレスで食事をした場合、地域や店舗にもよりますが、一食(1人あたり)1000~1500円位の金額がかかります。また、スーパーやコンビニで弁当やお惣菜、飲料等を購入しても、一般的に数百円は必要になります。

一方で、自炊をした場合、一食が100円以下に抑えられることも少なくありません。もちろん、野菜や肉を購入する場合には、1000円からそれ以上の支払いになることもあります。

 

しかし、それらの食材が使えるのは一度ではありません。何回かに分けて上手に使えば、一食を100円以下に抑えることができます。

自炊をするには時間も手間も必要になります。それが出来るかどうか?だけの問題です。お金が貯まる人は、自由な時間を使ってでも自炊をしています。ほんの少しの努力ですが、一ヶ月になると大きな違いができてしまいます。

ごはん

2. 貯金をする

当たり前のことですが、お金が貯まる人は「預貯金」をしています。しかし、普通に預貯金をしている訳ではありません。多くの方が「ネット銀行」を使っています。

ネット銀行は、一般的な銀行よりも「金利」が高くなっています。これは店舗を構える必要がないため、土地代もかからず、人件費、運営費を安く抑えられるからです。

 

そのこともあり、お金が貯まる人は、預金をするためのネット銀行口座を持っていることが多いのです。銀行によっては、給料から一定額を他行に移動させるサービスを行っているところもあるようです。

毎月一定額をネット銀行に預金しておけば、無駄遣いも減らせますし、確実にお金を貯めることができます。また、月に必要となる金額を一度に引き出しておき、それ以外は預貯金に回すという方法を取っている方もいます。

いずれにしても、少しでも金利の良いネット銀行に預金するという方法が好まれています。

ぶたの貯金箱

3. プラン変更を検討する

お金が貯まる人は、少しでも無駄を省くことに努力しています。そのため、保険や携帯電話のプランなどは、常に無駄のない内容に「プラン変更」を検討しています。

保険についても、何も考えずに保険外交員のすすめる内容に加入せずに、ファイナンシャル・プランナー( FP )に無料相談するなどの対応をしています。

また、貯蓄型の保険に加入することで、普通に預貯金するよりも高利率で貯蓄するという方法も取っています。

 

携帯電話のプランも、少しでも安い電話会社に変更したり、SIMフリーの携帯電話にしたりして、通話料金の節約も心がけています。

さらに、電力料金プランも安い電力会社を選んだり、携帯電話やガス料金などとセットにして安くなるプランに変更したりすることも怠っていません。つまり、いつでも無駄を省くことを考えているのです。

スマホ

4. 副業をしている

こちらについては、就業規則で「副業」が禁止されている方もいるので、難しい場合もあるでしょう。特に公務員の方は原則的に副業が認められていません。そのため、こちらは全員に当てはまることとは言えないかも知れません。

ただし、お金が貯まる人の多くが副業をしています。中でも、ネットビジネスを始める方が増えています。本格的なウェブサイトの経営、ドロップシッピングなどは有名ですが、初心者が簡単に行えることではありません。

 

むしろ、このようなネットビジネスについての詐欺に遭う危険性すらあるのです。そのため、もう少し他の方法を選びましょう。例えば、ポイントサイトなどを利用することも副業の一つと言えます。

アンケートサイトでは、自分が自由になる時間にアンケートに答えるだけでポイントがもらえます。それを現金や商品券に交換できるため、十分にお金を貯めることができます。また、使わなくなった物をフリマアプリやオークションで売ってしまうことも良いでしょう。

副業となると「せどり」なども良いですが、多少のコツがいるため、基本から勉強する必要があるでしょう。

副業

5. 投資をしている

最後に、お金が貯まる人は「投資」をしています。銀行の預金だけでは金利も安いですし、簡単に貯蓄額が増えることはありません。

一方で投資をすれば、それなりに貯蓄額を増やしていくことができます。近年はNISA(ニーサ)によって、非課税での投資も可能となっています。

このような仕組みを上手に活用することで、貯蓄額を増やしています。また、株式投資の場合、企業によっては「株主優待制度」を採用しているところがあります。

 

株主優待制度では、一定数の株式を保有している株主に対して「優待券」や「自社製品」をプレゼントしています。食品メーカーとして有名な「カゴメ」や「日清食品」などは、自社製品を株主優待制度でプレゼントしてくれます。

また、居酒屋などで有名な「ワタミ」は自社の店舗で使える「金券(優待券)」をくれます。つまり、このような株主優待制度を活用すれば、食費を浮かすこともできます。しかも、株価が上昇すれば、さらなる収入アップも期待できるので、投資はかなり有効と言えます。

ただし、株価が下がった場合には損益が出るおそれもあります。その点のリスクも考慮した上で投資をするようにしましょう。

マーケット

まとめ

いかがでしたか?「お金が貯まる5つの共通点」をご紹介いたしました。お金が貯まる人は、それなりの努力をしてお金を貯めています。

もしあなたが、お金が全く貯まらないのであれば、貯めるためにはどうすれば良いのかを考えて、様々な知識を身につける努力をしましょう。

またこの中で、まだやっていないことがあれば、自分に合いそうなことから始めてみるのも良いでしょう。そうすれば、今よりももっとお金が貯まるようになるはずですよ。

なぜあなたはお金が貯まらないのか?貯まらない人5つの共通点

2016.09.08

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です