梅雨時期の「だるい」が実は危険!?不調を撃退する健康法

雨が降っているか?傘を置いて確認する女性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 43

はじめに

梅雨の時期になると、湿気や暑さで気分が滅入りますよね。さらに、頭痛やめまい、だるさが続き「なぜかいつも体の調子が悪い」なんてことはありませんか?

そんなあなたは、もしかしたら「気象病」 や「季節病」かも知れません。気象病とは、雨や曇りの日、天候の変わり目にみられる「頭痛」や「だるさ」などの症状を指して言います。

その不調が、特定の季節にあらわれる場合は「季節病」です。原因や治療法がハッキリしていない「不定愁訴(ふていしゅうそ)」と言われる症状についても、近年「天気と体の関係」が注目されています。

気象病や季節病は、医学的に定義された病気ではありませんが、気象や季節との関連に着目することで、原因と対処法が徐々に明らかになってきました。

梅雨時期の不調、主な原因

実際に昔から「台風が近づくと古傷が痛む」、「頭痛がひどくなってきたから、もうじき雨が降るよ」など、体の不調と天気の結びつきについて語られていました。

医学的にも「低気圧」が近づくことで、体に大きな影響を与える事が分かっています。

特に梅雨の時期は、気圧や天候の変化が激しいことに加え、湿気や暑さが体力を奪うため、知らず知らずのうちに体調を崩すことが多いのです。

なぜ不調になるの?

1. ヒスタミンが体内に増えるため

低気圧になると体調を崩してしまう大きな理由は、体内の「ヒスタミン」が増えるためです。

ヒスタミンは、外傷や毒素などを引き金に活性化し「痛み」や「かゆみ」「浮腫」など、様々な反応を引き起こします。

2. 低気圧の物理的作用

気圧が下がることで、血管が拡張します。この拡張により「ヒスタミン」が増えてしまうのです。

拡張した血管は、リンパを圧迫することもあり、血圧低下だけでなく、リンパの循環不良にも繋がります。その結果、代謝が悪化し「ダルい」「疲れやすい」といった症状が出てきます。

3. 自律神経が乱れるため

梅雨の時期は、蒸し暑さで体温調整が追いつかず、自律神経が乱れてしまいがちです。そうなると脳が混乱し、体への指令がうまくできなくなり、血流や内臓活動に悪影響が出て体に不調をきたします。

女性に多い自律神経失調症!気になる症状となりやすい人3つの特徴

2016.08.02

このように、様々な要因が複雑に絡み合った結果、「梅雨の時期」に不調が続いてしまうことが多いのです。

体のストレスが大きすぎて、精神的な負担になり、うつを引き起こすこともありますので、不調が続く場合は注意が必要です。

即効性のある対処法

気象病、季節病に特効薬はありません。しかし、効果が出やすく実践しやすい対処法があるので、症状に応じて対処していきましょう。

1. めまいには酔い止めの薬

梅雨の時期は、気圧の低下と自律神経の乱れから内耳に影響し、めまいが生じることも。こういった気圧低下が原因のめまいには「酔い止めの薬」で一時的に対処することができます。

2. 自律神経の乱れには梅湯

梅雨の時期は低気圧により「自律神経」が乱れ、「ダルい」「頭が痛い」といった様々な症状を引き起こします。

梅湯の作り方は簡単。市販のハチミツ梅干しをお湯に溶かすだけです。

ハチミツに含まれるビタミンと、梅干しに含まれるクエン酸には「疲労回復」や「自律神経を整える」という作用があります。

3. 関節の痛みやコリには入浴

関節の痛みや、血行不良によるコリにはぬるめ(40度以下)のお湯で、20分程度の全身浴が最適です。温熱効果で痛みを和らげます。

体調不良を予防!体質改善するには

1. 水分、塩分の摂りすぎに注意する

水分と塩分の摂りすぎは、むくみの原因になり、結果的に血流が悪くなります。摂らなすぎても脱水症状になる危険があるので、いつも以上に食事管理をしっかりとしましょう。

2. 酵素を摂取する

酵素は、発酵食品に多く含まれています。代謝や免疫力をあげるために、食事やサプリメントで酵素を摂取しましょう。

3. 適度な運動をする

適度な有酸素運動(ウォーキングやジョギング、ストレッチ)を行うと、血行と代謝の促進に繋がります。

まとめ

ここまで、梅雨時期の不調を撃退する健康法を紹介して参りましたが、いかがでしたか?梅雨の時期に起こりやすい症状が、天候に由来するものであれば良いのですが、大きな病気が潜んでいる可能性もあります。

また、不調が続く場合は「うつ」などの気分障害を引き起こす可能性もあるため、放っておくのは大変危険です。一時的なものだから…と安易に考えず、かかりつけの医師に相談して、原因をハッキリさせることが最適な対処法です。

不調は、カラダからのサインです。そのサインを見逃さずに、自分の体と向き合う機会と捉え、体のメンテナンス、体質改善を積極的に行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です