老後資金の足しになる?意外と知らない退職金について

札束の山と老夫婦

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 234

退職金は必ず貰えるとは限らない

退職金って出る会社と、出ない会社があるのを知っていますか?

退職給付制度がある会社は75.5% 大企業ではほとんどの場合、退職給付制度を導入しているようですが、この数値は低下し続けているそうです。

自分の退職金がどのような形で支払われるのか?自分がイメージしている老後には、どのくらいのお金がかかるのか?について考えてみましょう。

退職金の種類

退職金の支払いは、退職一時金制度と退職年金制度の2つあります。

退職一時金制度とは、退職時に一括して現金で支給すること、税制面で優遇されており、退職金受け取りの多くは、この方法だと言われています。

退職年金制度とは、一定期間にわたって、年金として少しずつ支給していく制度です。

 

他にも年金として支払う場合は、確定搬出年金や確定給付企業年金などいくつかあり、支払方法が変わってきます。

どのような退職金制度を導入しているか?会社によって違いますので知らなければ一度、社内規定を確認してみると良いですね。

退職金って一体いくらもらえるの?

退職金を老後資金の一部として考えると、そもそも退職金の金額が、いくら貰えるのかが心配になりますよね?

厚生労働省の発表しているデータによると

厚生労働省の平成25年就労条件総合調査結果の概況

(5 退職給付(一時金・年金)の支給実態)

勤続年数35年以上

大学卒(管理・事務・技術職):2156万円
高校卒(管理・事務・技術職):1965万円
高校卒(現業職)      :1484万円

引用元:『厚生労働省 平成25年就労条件総合調査結果の概況』

勤続年数が35年以上 大学卒の平均で 2156万円 となっています。

貰える金額は会社によって様々です。企業規模や業種、職位、年齢などによっても変わってくると思いますので、参考程度にして下さい。

また、退職金は基本給をベースに算出する場合が多いので、働き盛りの30代~40代のうちにお給料のベースアップを狙っていきたいですね。

老後の生活費は?

平均的な退職金がわかると、次に疑問になるのは老後って一体いくらお金がかかるのだろう?ということです。

ただ、これは求める生活のレベルによっても違いますし、持ち家か?賃貸か?寿命や医療費、年金受給額も関係してきますので、一概にいくらとは言い切れないのが正直なところです。

夫婦2人で豊かな老後を送るには、最低1億円が必要だという意見もあれば、3000万円あれば大丈夫という意見もあります。

さいごに

豊かな老後生活を送りたいものですが 豊か の部分を考えたらキリがありません。ただ、私はいくら貯金があっても、老後の不安は無くならないと思っています。

過度に心配しすぎるのもストレスとなりますし、それが病の原因になることだって考えられます。

平均的な退職金が支給されるのであれば、老後の資金は問題ないのではと考えます。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です