PC作業に必須?作業効率が劇的にUPする!コピペツール Clibor(クリボー)

パソコンを使いながらメモを取る

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 159

はじめに

PC作業をしているとコピー&ペーストを使う機会が結構あると思います。

今回はこのコピーした内容を最大1000件まで記憶し、

即座に呼び出すことの出来るツール Clibor をご紹介します。

 Clibor(クリボー)のダウンロード方法

ダウンロードはこちらから → Clibor ダウンロード

sagyou kouritu up clibor-1

窓の杜からダウンロード をクリック


sagyou kouritu up clibor-2

保存 をクリック


sagyou kouritu up clibor-3

ファイルはダウンロードフォルダに保存されていました。

保存先のフォルダを選択し 展開 をクリック

(展開先を指定するなら参照で場所を変更して下さい)

 Clibor(クリボー)の起動方法

sagyou kouritu up clibor-4

展開後のフォルダを開き Clibor をダブルクリック で起動します。

 Clibor(クリボー)の使い方と消し方

普段通りにコピーしているだけで クリップボード に記憶されていきます。

Ctrlボタンをすばやく2回押すとこの画面が開きます。

sagyou kouritu up clibor-5

コピーしたい場所(例では7番)をクリックすれば、すぐに貼り付けることができます。

消す時は何もない所で 左クリック を押すだけです。

このいつでも即座に呼び出せて、簡単に消せる所が非常に使いやすいです。


sagyou kouritu up clibor-6

定型文を登録する事もできます。

使用頻度の高いものを入れておくと大変便利です。


sagyou kouritu up clibor-7

定型文の登録や、その他の設定は、タスクトレイの 赤の〇印 を右クリックすると


sagyou kouritu up clibor-8

この画面が出ます。

※Windows8.1の場合(タスクトレイにない場合は保存場所を探してみて下さい)

履歴を全てクリア でクリップボードの内容を全て消すことが出来ます。

定型文の登録は 定型文の編集 から、その他の設定は 設定 から入ります。


sagyou kouritu up clibor-9

設定画面です。細かい設定はこちらから決められます。

まとめ

私は Clibor を使うまでは1件ずつ、コピー&ペーストを繰り返していました。

使い方次第では作業効率が何倍にもUPします。

一度使ったらもう手放せないと思える程のツールです。

今回は最低限の機能しかご紹介していませんが、興味のある方は色々と試してみて下さい。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です