顔が赤くなるのが恥ずかしい?赤面症の症状と対処法

顔を隠す女性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 632

はじめに

注目された時や、人前で話す時に、顔が赤くなってしまう事があると思います。

それまでは何ともなかったのに、「人に見られている!」と思った途端に赤くなってしまいますよね。

耳まで真っ赤になって、それが自分で分かると「赤くなってはいけない!」と意識するようになり、気持ちが焦って余計に恥ずかしくなります。

ここでは、一般的に言われている赤面症の症状と対処法について解説していきます。

赤面症とは

赤面症とは「対人恐怖症」の一種で、あがり症のひとつとして認識されています。人前に出て注目を浴びると、緊張をして顔が赤くなったり、表情がこわばるなどの対人緊張症状があらわれます。

これは精神的な事から来ている事が多く、重症化すると人前に出る事が恐くなり「恐怖症」となる事もあります。

常にまわりの人の目を気にして「人から見られている」と必要以上に意識してしまうので、よけいに緊張して「顔が赤くなっている事」に焦りを感じます。

この「人から見られている」という意識がとても高いので、それがストレスになり、精神面から来る事が大きいです。

なぜ顔が赤くなるのか?

顔が赤くなるのはなぜか?これには自律神経の役割が関係しています。自律神経は交感神経と副交感神経の二つの違う役割の神経系からできています。

「交感神経」は起きている時、「副交感神経」は寝ている時に働く神経と考えて下さい。人は緊張した時に、この「交感神経」の働きが良くなって

  • 心拍数が早くなる
  • 血圧が上がる
  • 汗が出る
  • 瞳孔が開く
  • 呼吸が早くなる

このような状態になります。

 

顔が赤くなる事もこの状態と同じで、緊張から生じる症状のひとつになります。緊張しやすい人は、交感神経の働きが活発になりやすい体質にあるので、それも影響しています。

そして、この緊張した時に顔が赤くなるメカニズムについてですが、はっきりとは分かっていません。緊張して交感神経が活発になると、血管は収縮するので、顔は青くなるはずですが赤くなってしまうのです。

なぜ焦りを感じるのか?

顔が赤くなる事で「人に笑われている」「恥ずかしい」「人に悪く思われる」などと思う事が原因になっているのですが、人によって異なります。

過去に友達から顔が赤くなる事をからかわれたり、屈辱を受けたりすると、その事を思い出して「恥ずかしい」という気持ちで顔が赤くなってしまうのです。

それ以外にも「失敗したらどうしよう!」という思いからくる事もあります。特に人前で何かを発表するような時「上手く出来なかったらどうしよう!」という考えがストレスになり、顔に出ることもあります。

このように、赤面症は病気ではなく、精神的な事から生じています。

ここでひとつ注意しなくてはいけないのは、緊張して顔が赤くなるのが、全て赤面症ではないと言うことです。誰でも人前で緊張したり、恥ずかしい思いをすれば、顔が赤くなる事はあります。これは正常な事で病気ではありません。

赤面症の症状

  • 対人関係において、常に緊張や不安、そこからくる恐れを感じている。
  • 顔が赤くなる事で「人から悪く思われる」という不安や恐れを感じている。
  • 極端に人を避けるようになる、外出が減るなど、日常生活に支障が出ている。
「赤面症」とは上記の項目が当てはまり「治療」や「対処」をする必要がある状態のことを指します。

赤面症を治すためには

生活習慣を正常に戻す

生活習慣が乱れていると、緊張や不安、恐れを感じやすくなり、赤面症の症状が出やすくなります。生活習慣を正常に戻すことで、その症状を改善することができます。

1. 睡眠不足の解消

生活習慣の基本は睡眠です。まず睡眠をしっかりとること。そして、規則正しい生活を送るために、起床時間と就寝時間を決めてそれを守りましょう。

毎日同じ時間に起きて朝日を浴びることで、体内時計もリセットされます。

2. 食生活の改善

次に重要なのが食生活です。食べる時間帯が不規則な方や、食事の回数が少ない(または多い)方は朝、昼、晩と1日3食を規則正しくとるようにしましょう。

決まった時間に食べることが難しくても、極力、同じ時間帯に食べるようにしましょう。

3. 運動不足の改善

適度な運動も大切です。なにも特別なことをする必要はありません。例えば、普段あたりまえのように使っているエレベーター、エスカレーターをやめて階段を使ってみる。

休日にジョギングしてみる。自宅で犬を飼っていれば、率先して散歩に行くなども良いでしょう。

4. カフェインの摂り過ぎ

カフェインは眠気覚ましには良いですが、摂り過ぎは身体に良くありません。興奮物質になりますので、コーヒー、紅茶、お茶を飲む機会が多い方は注意が必要です。飲みすぎには気を付けましょう。

5. 過度な飲酒

適量なら良いのですが、過度な飲酒も身体に良くありません。普段から大量にお酒を飲んでいると、徐々に身体が依存するようになります。その状態でお酒が抜けると、急に不安が襲ってきたりします。

医療機関を受診する

赤面症により、日常生活に支障が出ている場合は、病院での治療が必要(精神科、心療内科)です。治療は、薬物による治療と精神療法を上手に組み合わせていく方法になります。

精神科とか心療内科と聞くと、不安に思う方も多いかと思いますが、けっして怖いところではありません。まずは自分を客観視する事が必要なので、それには専門家と相談しながらの治療が一番効果的なのです。

病院では、薬物による治療と精神療法が併用して進められ、まず不安や緊張を薬で和らげていきます。薬による効果が出てきたら、精神療法を少しずつ行っていきます。治療のメインとなるのは精神療法です。

精神療法はいくつかありますが、ここでは代表的な3つの方法をご紹介します。

1. 暴露療法

行動療法という精神療法で、苦手なものにチャレンジし、少しずつ慣れていくというものです。

この方法は進め方を間違えると、逆に悪化させてしまう事があるので、独自に行うのではなく必ず主治医と相談の上進めていく事が必要です。

2. 認知行動療法

極端になっている物事の考え方(ネガティブになり過ぎている等)で生活に影響が出ている部分を見つけて、少しずつ修正していく方法です。

人は考え方に独自のくせがあるので、患者さんの物事のとらえ方のゆがみが大きい時に、修正する事で気持ちも安定します。

3. 森田療法

1910年に精神科医の森田正馬氏がはじめた精神療法です。これは「あるがまま」の心を育てる事で、神経症(不安障害)を乗り越えていくと言う方法です。

顔が赤くなっているのを意識しだすと、ますます赤くなるという、この悪循環をまず断ち切ることです。「赤面してはいけない」のではなく、「赤面するのは当たり前」だと受け入れる必要があります。

そうすることで、だんだんと赤面を意識しなくなっていきます。森田療法は、神経質、心配性、完璧主義などの方に特に効果的と考えられています。

まとめ

日常生活に支障が出るほどでなければ、 人前で顔が赤くなるのはごく普通のことなのです。

人にどう思われているのか?気にしすぎるのはあまり良くありません。ただ、そうは言っても、ひとりで悩んでいるとどんどんと悪い方向に考えてしまいがちです。

そうなる前に、早めに親しい友人や、医療機関に相談してみると良いでしょう。誰かに少しでも話を聞いてもらえば気持ちが楽になりますよ。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です