知っておきたい夏に必要な紫外線の対策

日焼けした女性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 239

はじめに

暑さが本番になってくる中で、日焼けを防ぐことはとても大切です。

紫外線は日焼けをしてしまうだけでなく、いろいろな健康面にも悪影響が出てきます。

紫外線の種類

紫外線には種類があり、その波長の長さによって UV-A、UV-B、UV-C の3つに分けられます。

  1. UV-A は、地上に届く紫外線の約95%を占めています。肌の真皮層に届くほどの浸透力を持つため、肌老化の大きな原因となっています。
  2. UV-B は、地上に届く紫外線の約5%で皮膚を火傷のように赤くしたり、シミやそばかすの原因となるため、屋外の日焼けの主な原因となります。
  3. UV-C はオゾン層に阻まれ、地上に届くことはまずありませんので、地上に届く UV-A と UV-B この2つを日焼け止めなどのクリームで、防いでいます。

健康に影響がある紫外線について

日焼けをすることで、皮膚の免疫機能が低下します。慢性障害としては、シミやシワができてしまいます。日光角化症、基底細胞がん、メラノーマなどの疾患も紫外線による慢性障害として知られています。

また紫外線は、眼にも影響するといわれています。紫外線の多くは角膜で吸収されますが、その中の1~2%は水晶体を通過して網膜まで達してしまいます。

紫外線との関連がある眼の疾患は、白内障、紫外線角膜炎、翼状片、黄斑変性症などが知られています。

紫外線対策として日焼け止めを使いましょう

紫外線は浴びてから、皮膚の老化や眼への悪影響といったことを守ることができません。ですので、紫外線の浴び過ぎを防ぐことが大切です。

日焼け止めクリームには、SPF や PA などの防御効果がありますが、どのような時にどの位の日焼け止めを使えばいいのでしょうか?

以下に簡単にまとめてみました。

  • SPF 5         PA +       日常生活
  • SPF 10     PA ++    軽い屋外活動、ドライブなど
  • SPF 20     PA +++   晴天での屋外でのスポーツ、海水浴
  • SPF 30以上   PA +++   熱帯地方での屋外活動

今は普通に、30℃以上を超えてしまう猛暑日が増えてきていますので、「 SPF 30以上 PA+++ 」を選んでおくと良いですね。

日焼け止めクリーム以外の紫外線対策として

帽子、日傘、サングラスなどは紫外線をカットしてくれますので、UV カット率の高いものを選びましょう。

また、紫外線の量は午前10時~午後2時までが一番多いです。その時間は極力避け、早朝や夕方に外出するようにしましょう。

紫外線を浴びると、体内で増加するのが活性酸素です。この力を防ぐためには、抗酸化成分を含んだ栄養素が良いとされています。

その栄養素は、ビタミン A、ビタミン C、ビタミン E、ポリフェノール、β カロテン、リコピンです。紫外線の多い時期は、これらの栄養素を積極的にとるように心がけましょう。

 

男性の日焼け対策 はこちらから

必ず知っておきたい!男性にも必要な日焼け対策

2016.06.12

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です