四十肩の痛みが突然襲ってきた

肩のマッサージ

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 143

何年か前の話になるが、会社員時代に四十肩になった事がある。若い頃は自分には関係のない事だと思っていたが、何の前触れもなく来るものである。

痛みが出始めた時は、ただの肩こりだと思い、たまにマッサージに行く程度だった。マッサージが終わった後は楽なのだが、少し経つとまた痛くなってくる。

仕事に支障が出ても困るので、休みの度に行くようになり、何回か行った後、効果が無さそうなので、いつでも行けるように近所の整骨院に切り替えた。

 

そこは、20時過ぎまで診療しているので、仕事帰りでも行くことが出来る。初回は院長らしき人から説明を受けた後、肩の状態を確認する。

手を真上に挙げると右肩が痛む。症状的には四十肩かも知れない という事だった。早速、治療に入る。まずは電気治療で患部に電気を流す。電極パッドがとても冷たい。

10分くらい電気を流し筋肉をほぐした後、整体用ベッドに案内される。そこで横になり、電子レンジで温めたであろう温熱パッドを患部に当て、さらに10分程待つ。

 

その後、ようやく施術に入る。整体師が骨盤を矯正した後、全身を指圧していく。右肩は特に念入りにやってもらった。指圧が終わったら最後にストレッチをして終了。終わった後は痛みなく、右手が真上に上がるようになっていた。

体全体が歪んでいて、足の長さも左右で2㎝くらい違ったようだ。骨盤が歪んでくると体のバランスが崩れ、痛みが出てくるという話だった。

今回の施術で、骨盤の歪みが改善されたが数日経てば、また歪んでしまうらしい。骨盤を正常な位置に戻す為に、最初のうちは毎日通った方が良いと言われた。

 

骨盤が本来の位置に戻ってくると歪みにくい体になり、自然治癒力が高まって、痛みが軽減するとの事だった。会計を済ませ時計を見ると、1時間が経っていた。

患者は仕事帰りのサラリーマンが多く19時以降はとても混雑していた。毎日の通院は大変だが、しばらく続けよう。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です