掃除の魔力 

清掃用具

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 158

会社員時代の夢を見る事は、ほとんど無くなってきたが、今度は違う不安に襲われるようになった。

安定的な収入を失ったことに対する恐怖である。これは辞める前にある程度の覚悟をしていたが、実際に経験してみると結構つらいものだ。

学生時代は、次のアルバイトが決まるまで期間が空いたりしたが、社会人になってから収入が途絶えるのは初めてだ。無収入=誰の役にも立っていない。何か自分が全く価値の無い物のように思えてくる。

 

金持ち父さんの定義で言うと

資産はあなたのポケットにお金を入れてくれるもの

負債はあなたのポケットからお金を取っていくもの

だから今の自分は負債なのか?じっとしていると、どうしてもマイナス方向に考えてしまう。

 

とにかく何かしていないと落ち着かない。フローリングに寝そべっていると、隣の部屋のベッド下の埃が気になってくる。

引っ越し後にある程度はやっていたが、そこまで手が回らなかった。掃除でもしようかと思い、まずは一番気になっている寝室から取り掛かる。

掃除機をかけるが奥まで届かない。マットレスを移動させ下にある すのこ を外す。ついでにマットレスを裏返しにする。

 

表面の頭部分が A、 足部分が B、裏面の頭部分が D、足部分が CだとしたらA → B → C → Dと定期的に入れ替えると、寿命が延びる。購入時に店員の方に教えてもらった方法だ。

他の部屋にも掃除機をかけていく。家具を移動させ、隅々までかけ終わったら、テーブルや棚の上に置いてあるものをタオルで拭いていく。

ここまでで2時間くらい掛かっただろうか?終わりが全く見えない。会社員時代はこんな丁寧に掃除をした事はない。休みの日でも最低限の汚れを落とすだけだった。

 

次はキッチンに移動し、喉が渇いたので水分を補給する。今度は冷蔵庫の中の汚れが気になってきた。中にあるものを全て出し、内部を拭いていく。

今日1日ではとても終わらない。気が付いたら3時間が経っていた。掃除の魔力と言うがやり始めると本当に切りがない。

だが掃除をしている時は、嫌なことは考えずに済むし、達成感もある。残りの場所も全てやらないと気が済まないが、時間も遅いので明日にしよう。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です