会社に行きたくない!過敏性腸症候群の症状を和らげる方法とは?

お腹が痛い女性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 227

はじめに

会社に行こうとするとお腹が痛くなったり、とある取引先の所に行こうとすると、必ず下痢をしてしまったりという経験はありませんか?

それは、もしかしたら過敏性腸症候群の症状かも知れません。

過敏性腸症候群の症状

決まったストレスがかかる時にだけ、一時的に症状が出てしまう状態。病院で検査を行っても、異常は見られないのに下痢や便秘、腹痛などの症状が起こる。このような慢性的に繰り返す状態を、過敏性腸症候群と呼びます。

ストレスと腸に関係があるのは、脳と腸が自律神経で繋がっている為です。ストレスからくる不安や緊張などによって、過敏性腸症候群を起こすケースは少なくありません。

女性に多い自律神経失調症!気になる症状となりやすい人3つの特徴

2016.08.02

原因が分かった時は、病院で薬をもらうことも可能ですが、薬に頼りっぱなしだと、他の症状が出てしまうこともあります。改善させるには、ストレスの元を取り除く事が大切です。

無理せずストレスを解消する

自分でストレスの原因が分かっていれば、それを上手く解消していきましょう。一番簡単なのは、ストレスとなること自体を自分の生活から取り除くこと。

会社のことであれば、上司に一度相談してみるのも良いかもしれません。ですが相談が出来なかったり、相談しても受け入れてもらえないこともあります。

 

避けられない時は、自分が楽になる考え方や発散方法を考えていきましょう。例えば、ストレスとなることの先に、自分が楽しめることを置いておく。

そして、それを励みにストレスを乗り切ったり、考え過ぎない努力をしてみましょう。自分だけでの解決が難しい場合は、心療内科を受診して、医師と一緒にストレスの回避について、考えてもらうのも良いでしょう。

ストレスがかかりすぎて、うつ症状など重い病になる前に、自分なりのストレス解消法を見つけておきましょう。

規則正しい生活リズムを作る

規則正しい生活や、バランスのとれた食事をしていくことで、毎日の生活をリラックスして過ごせるようになります。また、腸を刺激するカフェインやアルコール、過度に辛い食べ物はなるべく摂らないようにしましょう。

規則正しい生活をすることで、自律神経が常にバランスの取れた状態となり、ストレスを受けても症状が出にくくなります。

もうひとつ自律神経を保つのに大事なのが適度な運動です。適度に汗をかくことで、自律神経がリセットされてバランスの良い状態になります。リラックスして、毎日楽しく続けられるような運動を見つけましょう。

まとめ

ストレスが原因で過敏性腸症候群になってしまう人は、繊細で几帳面な人、喜怒哀楽を大きく表に出せない人に多いと言われています。

自分の性格を変えることは簡単なことではありませんが、ストレスのかからない範囲で、普段とは違ったことをしてみるのも良いのかも知れないですね。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です