知らないと危険?立ちくらみを引き起こす5つの原因とは

立ちくらみの女性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 322

はじめに

立ちくらみは「起立性低血圧」や「脳貧血」などとも呼ばれます。その原因は様々ですが、あまり知られていません。

立ちくらみは貧血と関係がありますが、多くの方が混同してしまっています。今回は「立ちくらみを引き起こす5つの原因」をご紹介します。

立ちくらみを引き起こす5つの原因

1. 低血圧

立ちくらみは、立つときに意識を失う症状を言います。症状が貧血と同じため、多くの方が立ちくらみと貧血を混同しています。しかし、これは大きな間違いです。

立ちくらみは、立ち上がる際に脳に十分な血液が送られないために起こります。つまり、血圧が低いことで、脳まで血液が十分に送り届けられていないことが直接の原因なのです。

血圧は体調によっても変化します。そのため、立ちくらみを起こしたときに体調不良であれば、それが血圧を下げてしまっている原因かも知れません。いずれにしても、低血圧が立ちくらみの原因の一つと言えます。

2. 貧血

立ちくらみの原因としては、多くの方が想像するように「貧血」ということもあります。特に鉄欠乏貧血などの場合、立ちくらみの症状が現れることもよくあります。

貧血には種類があった?気になるその原因と対処法とは

2016.08.10

そのため、立ちくらみが頻繁に起こるようであれば、上記の血圧の問題よりも貧血が強く疑われます。

女性の場合は生理中に貧血になることもあります。普段は問題がなくても、生理中には経血の量によっても貧血が進行してしまいます。そのため、生理中は貧血ではない方でも立ちくらみに注意する必要があります。

3. 自律神経に問題がある

自律神経失調症など、自律神経に何らかの問題がある場合、立ちくらみを起こしてしまうことがあります。

女性に多い自律神経失調症!気になる症状となりやすい人3つの特徴

2016.08.02

例えばストレスなどにより、首周辺の筋肉が緊張してしまうと「首周辺の血流が悪化」してしまいます。

自律神経に問題がない場合は、副交感神経が優位になった際に首周辺の血流は改善します。しかし、自律神経に問題があれば、リラックスできずに血流が改善しません。

血流が改善しないことで、脳に十分な血液が流れずに立ちくらみになります。つまり、強いストレスなどで自律神経に異常があれば、立ちくらみになることも多くなります。

4. 病気の前兆

立ちくらみくらいと軽く考えている方もいます。しかし、他の病気が原因で立ちくらみを起こしている場合もあります。考えられる病気としては、心筋梗塞、肺塞栓(はいそくせん)、不整脈などがあります。

症状が進行すれば、どれも命にかかわる病気です。そのため、立ちくらみを何度も起こすようであれば、このような病気の恐れがあるので、医療機関を受診することが良いでしょう。

5. 甲状腺機能の低下

実は甲状腺の機能が低下してしまうと、立ちくらみになることがあります。特に「甲状腺機能低下症」になってしまうと、その症状ははっきりと出ることがあります。

甲状腺は基礎代謝をつかさどっています。そのため、甲状腺の機能が低下すると、基礎代謝が低下するだけではなく、様々な面にまで影響が出ます。中でも、最も立ちくらみと関係が深いのは「脈」です。

甲状腺の機能が低下すると、脈が低下することがあります。それが原因で、脳に必要な分の血液が送られなくなり、立ちくらみになると考えられます。

また、体温が下がり、血圧も低くなることがあるため、上記の低血圧につながります。それにより、立ちくらみになることもあります。

立ちくらみは病気のサインかも?

立ちくらみは一時的な症状です。しかし、重篤な病気の前兆であることもあります。そのため、立ちくらみがよく起こるようならば、病院で診てもらうことが良いでしょう。

いずれにしても、立ちくらみだからと軽く考えないことです。また、生活を改めるだけでも、改善される原因もあります。

これを、自身の生活を見直す機会にしてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です