育児中の腱鞘炎に注意!もしかしたらドケルバン病かも?

育児中の女性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 228

育児中の女性がなりやすい腱鞘炎

皆さんは腱鞘炎(けんしょうえん)にどんなイメージをお持ちですか?なんとなく、手首や指先を酷使する仕事の方がかかるイメージがあると思います。

でも実は、育児中の女性が腱鞘炎になりやすいんです。一瞬どうして?と思うかもしれませんが、赤ちゃんのだっこに授乳、1日のほとんどを赤ちゃんを抱えたり世話したり過ごしていること考えると、納得できますね。

もう1つ、育児中の女性が腱鞘炎になりやすい理由があります。

そもそも腱鞘炎とは

まず、腱鞘炎がどんな病気かを説明いたします。指先を動かすのは、指先の筋肉だけではなく腕の筋肉も使っています。

その腕の筋肉の動きを伝えるのが腱(けん)であり、腱鞘(けんしょう)はその腱の通り道を作る管のようなもの。腱は腱鞘の中を通っています。この2つが炎症をおこすのが腱鞘炎です。腱を酷使することで、腱鞘が擦れてしまうことが原因です。

育児中の女性に多いドケルバン病は、親指の付け根から手首にかけての腱鞘炎になります。ずっと手首のだるさや痛みを感じているなら、今はまだ軽い症状でも、急激に悪化する可能性があるので要注意です。

産後の女性に多い理由とは

ドケルバン病は産後の女性、特に初産の女性に多く発症します。なぜかというと、産後の女性は子宮や骨盤を元の状態に戻す女性ホルモン「プロゲステロン」が多く分泌されるからです。

この「プロゲステロン」には腱の通り道である腱鞘を狭くする効果もあるので、腱が擦れやすく炎症も起きやすいのです。その上「プロゲステロン」が分泌されている数ヶ月の間、赤ちゃんは日に日に成長して体重が増加していきます。

この2つの要因で、新生児育児中の女性がドケルバン病になりやすいのです。

効果的な治し方

治し方はとにかく安静にすること、これに尽きます。とはいえなかなか難しいですし、授乳中は薬も使いたくありませんよね。

自宅でできる治し方は、まず痛みと熱をもった患部を、冷湿布や保冷剤で冷やすことです。痛みが引いていたり、すでに痛みが慢性化している場合は温湿布を利用します。

温めるときは血行が良くなるようにマッサージをしましょう。また、なるべく動かさなくても済むように、テーピングや医療用サポーターなどで患部を固定しておきましょう。

適切な予防方法

腱鞘炎の予防にはストレッチが一番です。親指、手首を重点的にゆっくりとストレッチすることで、筋肉のコリをほぐして腱鞘炎を防いでくれます。

また、抱っこ紐や授乳クッションなどを積極的に利用することで、腕や手首への負担を減らせます。

かわいい赤ちゃんと過ごすために

赤ちゃんは成長を待ってはくれません。腱鞘炎でかわいい我が子を、抱っこ出来なくなるのは悲しいですから、しっかり対策とケアをしましょう。

母親だけの負担にならないよう、家族に積極的に育児へ参加してもらう事も大切ですね。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です