転職でしくじらない為に!失敗パターンから学ぶ成功への近道

必勝ハチマキで気合いを入れる女性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 313

はじめに

みなさんは「転職」と聞くとどんなイメージを持ちますか?転職  =(イコール)キャリアアップと考えている方は要注意です。

転職する時に十分な準備をしないと、キャリアアップどころか「転職失敗」の危険があるのです。

これから転職する方はもちろん、既に転職して後悔している方もまだ間に合います。転職準備の手始めに失敗しないための、「失敗から学ぶ成功術」を知っておきましょう。

失敗パターン

その1 転職先が見つからない

どうしても今の仕事を続けられないと転職を決意したものの、「転職先が見つからない、内定がもらえない」というパターン。

既に退職しているのに、仕事が決まっていない場合は非常に焦ります。

その1 失敗しないための回避策

退職前に次の仕事を決めることが最善策です。焦らずに良い転職先を探すことが懸命です。応募書類(履歴書・職務経歴書)を見直したり、面接の必勝法を研究しましょう。

既に退職している方も同じように焦らず、自分の価値を最大限に見せる方法を研究しましょう。

その2 経歴やスキルを偽った

採用にこぎつけたいが為に、ちょっと経歴をごまかした、できないスキルをできると言ってしまったなど、自分で自分を追い詰めてしまったパターン。

その2  失敗しないための回避策

経歴詐称はバレると激しく叩かれます。法的に問われる可能性もゼロではありません。

何より、会社にとって正当な解雇事由となりますので、せっかく採用されても解雇されるリスクが大いにあります。企業側は、誠実で向上心のある人材を求めています。

この「リスク」と「企業が求める人物像」を理解し、転職時には正しい経歴とスキルを伝えて、マイナス要因を補う「熱意」や「自分の長所」をアピールしましょう。

その3 前の会社と比較してしまう

満を持して転職したものの、待遇や仕事内容、人間関係などを比較しては「以前の職場が恋しくなる」パターン。

特に、退職時にあたたかく見送られた過去があると、ホームシックの様な状態になります。

その3  失敗しないための回避策

転職前に「なぜ転職をするのか」を明確にして、ブレないことです。また、思い出を美化し過ぎないように気を付けましょう。

転職先の社風や人間関係、仕事のルールに慣れるまで2、3ヶ月程の時間がかかります。半年、1年経っても慣れない、待遇が改善されないのであれば、「短期間での再転職」のリスクを理解した上で、在職中に転職活動をすると良いでしょう。

転職の理由は正直に『以前の職場と比べて〇〇だから』と伝え、『こんな努力をしてみたが、今のところ改善されない』と客観的な分析ができる所をアピールしましょう。

以上、転職者が陥る失敗パターンと失敗しないための回避策を3つ紹介しましたが「失敗しない転職」のヒントは見つかりましたか?

転職を成功させる3つのポイント

「転職成功への近道」は

  1. 自分の市場価値を把握して
  2. 企業が求めている人材であることをアピールまたは、求めている人材になれる「のびしろ」をアピール
  3. 転職後も「なぜ転職したのか」自分の決心を忘れないこと

この3つのポイントを抑えることです。

まとめ

何を以って「失敗」とするか「成功」とするか、基準は人それぞれでしょう。しかし、人が転職をする時「より良い環境を求めて」転職活動をするはずです。

「より良い環境とは自分でつくるものだ」ということを忘れずに転職活動をすれば、失敗を遠ざけ、転職成功の近道を見つけられます。

まだ「自分の市場価値を把握していない」「企業がどんな人材を求めているのか分からない」という方は、適職診断をおこなったり、プロのキャリアアドバイザー(転職エージェント)を利用することをオススメします。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です