投資は余裕を持つことが大切!FX編

余裕のある男性

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 227

はじめに

今回は、外国為替証拠金取引= FX について取り上げたいと思います。

FX は1回の取引で人生を大きく狂わせてしまう恐れもありますので、しっかりと勉強をしてから挑むようにしましょう。

こわごわ投資とは?

投資と言えば、とても難しくて、素人だったら損をしそうなイメージがありますよね?

確かに、大きな損失を被ることもあります。投資したお金が、全て無くなってしまう事態も十分にあり得ます。

そのことから、投資資金を少額しか用意せず、少しだけ買う。その行動が悪いとは言いません。

投資初心者の方でしたら、損失を抑えるために、少額で行う方が良いのかも知れません。

しかし、FXで稼ぎたい!という方でしたら、少額でのやり取りほど勿体ないのです。

それなら、どっしり構えて!

なぜ少額だと勿体ないのでしょうか?それは、「ロスカット」というモノが影響しています。「ロスカット」とはもともと、大幅な損失を回避するための制度となります。

取引に用いていた金額が、一定額以下になった時に強制的に取引を終えるという制度です。これが無ければ、損失はドンドン膨らんでいきます。それこそ、借金を抱えるほどかも知れません。

例えば、取引をしていた通貨ペアが、寝ている間に大暴落したとします。もし「ロスカット」の制度が無ければ、朝起きて FX の口座を見たら、

投資資金のほとんどを失っていた……なんてことが起こります。考えただけでゾッとしますよね?でもこれは FX を長年やっていれば良くある話なのです。

ロスカットの仕組み

このロスカット(率)は自分で設定する事ができます。なぜ率なのか?は証拠金に対する口座残高の割合だからです。証拠金が少ないと、少しの価格変動にも耐えられません。

取引した通貨ペアが寝ている間に下落し、起きた時には元の水準に戻っていたという事がありましたら、この「下がった」タイミングでロスカットが発動している可能性があります。

ですから、小さな落差にも耐えるためにも、ある程度は証拠金が必要なのです。

他にも様々なルールがありますが、FX 会社によって異なります。開設する FX 会社で、どのようなルールが用いられているのか?しっかりと確認しましょう。

投資は余裕資金で!

あくまで「投資」ですから、余裕資金で運用しましょう。借金を背負ってまでという状況は論外です。

初心者が投資スキルを身につけるのにおすすめの方法を3つ教えます!

2016.05.21

もちろん、使い果たしてしまう恐れもございますから、しっかりと計画を立ててから挑むようにしましょう。

また、ツールの扱い方を勉強するために、デモ取引を試してみるのも手です。デモなら、どれだけ損失を出そうが被害はまったくありません。

大事なお金を失う事もないですから、大胆に、かつしっかりと!この期間をうまく活用していきましょう。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です