トイレの神様 烏枢沙摩明王

洋式トイレ

スポンサーリンク





この記事の所要時間: 214

掃除の続きをやろうとするが、清掃用品が足りないので買いに行く。洗剤もいくつか必要だが、用途によって使い分けるので、全て購入すると大変なことになってしまう。

通販などで販売している、万能クリーナーだと1本で済みそうだ。1種類それっぽいものを見つけたが、使った事が無いので今回は止めておこう。結局、別の洗剤を数本購入した。

キッチンの続きから始める。レンジフードタイプなので、先に網目のカバーを外す、油汚れがひどい。買ってきた洗剤をカバーに吹きかけ、汚れが浮いてくるのを待つ。

 

その間にファンを外そうとするが外し方が分からない。良く見たら内側に説明が書いてあり、中心のネジを回したら簡単に外れた。

5分くらい放置した後、スポンジで汚れを落としていく。意外と簡単に落ちる。ファンを取り付け、カバーを元に戻す。キッチンの排水口も、普段は塩素系の洗剤を流すだけなので、ヌメリが残っていた。

ゴミ受けと、排水パイプを覆っている部品を外し、スポンジで洗う。排水パイプの汚れは歯ブラシで落とす。アルミホイルがヌメリの発生を抑えてくれると聞いたので、部品を元に戻した後、排水口に丸めて入れておく。

 

次にトイレだがここは特に念入りに掃除をしている場所である。トイレの神様と言われている烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)様がいらっしゃるからだ。

こう書くと、金運目当てと思われるかも知れない。もちろん、最初の頃はそうだった。だがやっているうちに、それが習慣になってきて、少しの汚れでも許せなくなってくる。

ほかの場所でも同じことが言えるのだが、なぜかトイレはそれが強く、今では使用する度に掃除をしている。ほとんど汚れていないがここもやっておく。

 

便器の内側、外側、便座の裏、便座、便座のフタ、タンクをピカピカに磨き上げる。ドアノブ、タンクレバー、壁と床も雑巾で拭く。慣れているのですぐに終わった。

玄関タイルの汚れは、普通にこすっても落ちにくい為、メラミン樹脂のスポンジを使って落とす。洗濯槽の汚れも気になっていたので、高水位までお湯をため、酸素系の漂白剤を入れて何時間か放置する。

その間に本体と排水ホース、排水口を掃除する。夕方、洗濯槽の中を見たら、びっくりするほどの黒カビが浮いていた。

 

普段使っている塩素系の、洗濯槽クリーナーよりも断然効果があった。網が無いので三角コーナーに使う、不織布を代用して黒カビをすくう。

今日も合計で、3時間くらい掃除に費やしただろうか?明日中には全て終わらせたいものだ。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です